装いも新たにバルカンの『エイタン2011』

NO IMAGE

エチケットもヴィンテージも新しくなって届いたワインに魅かれ、1本開けて見る
事にします。
色、粘性、香りを確認し、『それでは、いざ。』とばかりに一口含むと、予想もし
ない強くスパイシーな刺激が口蓋を覆います。
『む、む?...とにかくここはしばらく待ってみるしか...』

もちろん強い刺激は最初だけですぐに消え、スパイシーな味わいもマイルドな余韻
へと落ち着くのですが、期待していた繊細さや上品さは感じられません。
バルカン・ワイナリーのエイタン2011
1時間ほど経過した頃でしょうか、柔らかな酸味に滑らかさも出てきて、透明感の
ある果実風味に心地よい澄んだ黒胡椒の刺激が余韻として広がるようになり、物足
りなさは残るものの期待できそうな雰囲気が漂い始めます...
『よし、こうなったらこのまま半日待ってみよう』と、持久戦の始まりです。

そして半日ほど経った後の事:
澄んだ酸味に柔らかな渋み、心地よい黒胡椒のスパイシーな刺激、余韻に漂う透明
感のある果実風味等々、奥深さも漂わせながら時間の経過と共に全体のバランスは
どんどん良くなり、洗練された上品な味わいへあと一歩のところまでに。

どうやらエイタン2011は、バランスの取れた繊細で上品な味わいを楽しもうとする
と抜栓後半日程度は置いた方が良さそうです。ちょっと厄介ですね。