吉祥寺でイタリア土着のブドウ品種ヴェルディッキオとタイロッソを楽しむ

NO IMAGE

吉祥寺駅周辺の物凄い人混みをかき分け、辿り着きましたのは井の頭公園入口にあ
るイタリアンレストラン「プリミバチ」。そしてここで出会いましたのがイタリア
土着のブドウ品種で、白ワインはヴェルディッキオ・デ・マテリカ ラ・モナチェ
スカ。微かにフルーツの香りが漂うものの、とにかくミネラル豊富で、幾分塩味す
ら漂わせる辛口の味わいです。
この白ワインは単独で飲むよりも料理と一緒の方が...
と思うものの、その料理がなかなか出て来ません。
とうとう飲み干してしまうのですが、その後に出てきた玉ねぎの冷製スープ、そし
て前菜の盛り合わせが実に美味しく、間の悪さもすっかり吹き飛んでしまいます。
そして赤ワインのタイロッソ ダニエーレ ポルティナーリを頼んだ時に、ウェイ
トレスが持ってきましたのが
白ワインの時の3倍はあろうかという大振りのワイングラス...
イタリア土着ブドウ品種を使ったタイロッソ
そこへどくどく...と注ぎ始めるのですが、とにかくグラスが大きいので、
もう優にボトルの3分の1は超えたのではと思うのですが、まだどくどく...
何ともまあ大らかな話じゃありませんか。
そしてワインの香りの素晴らしい事。
大振りのワイングラスの効果でしょうか、柔らかな赤果実の香りが豊かに湧き立ち
ます。これはちょっと大振りのワイングラスを試してみたくなりますね。
味の方は、柔らかな酸味主体の、果実風味豊かなとても飲みやすいワインです。
この赤ワインのタイロッソはトカイロッソとも呼ばれ、グルナッシュと同種なのだ
そうです。

そこへタイミングよく出てきましたのがずわい蟹と渡り蟹のタリオリーニ(平打ち
パスタ)。とても濃厚で、店一番の評判との説明にもうなづける、そしてワインと
もとても良く合う美味しい一品でした。
さらに続けて出てきた牛サーロインのピステッカ(フィレンツェ風Tボーンステーキ)
にバルサミコ酢のソースとルコラのサラダ添え。バルサミコ酢の甘酸っぱい味に脂
身が強めのステーキ、そしてサラダがとてもよく調和していて、ワインと共に楽し
いひと時を彩ってくれました。
 
イスラエルワインを楽しむならこちら