ワインの飲み頃を計る – バルカン・エイタン|イスラエルワイン

NO IMAGE

バルカン アッサンブラージュ・エイタン 2011

半年ほど前にバルカンのアッサンブラージュ・エイタン2011を開けたときの事、
2010年の素晴らしい味わいとはちょっと違う出来具合に『これはもう少し待った
方が』との印象でしたが、2014年の秋も深まり、もう一度開けて見る事にします。
最も、そもそもブドウ品種のブレンド比率が変わっていて、単純な比較とはいか
ないようですが。
・2010年: シラー 52%、メルロ 30%、カベルネ・ソーヴィニョン 18%
・2011年: シラー 34%、メルロ 32%、カベルネ・ソーヴィニョン 34%
バルカン・ワイナリーのアッサンブラージュ エイタン
さて、味わいの方は半年前とはすっかり変わっていまして...
チェリー系の豊かな果実香が立ち上がり、これに土の香り、森の下草の香り、
ツーンとくる樽香が加わります。
『この土の香りはプサゴットのメルロと同じような』と思えて収穫されたブドウ園
を見てみると、そうなんです。やはりジュデアンヒルズです...
口に含むと、滑らかで、濃厚で、豊かな果実風味が広がり、スパイシーな刺激も柔
らかくて心地よく、適度の酸味、渋みが広がって、抜栓直後とは思えない味わいで
す。まずは素晴らしい出足じゃありませんか...
シラーズ、メルロ、カベルネのブレンド バルカン・エイタン
30分ほど経過すると、マイルドで透明感のある果実の酸味に控えめな渋みがバラン
スよく纏まった上品な味わいが広がり、これに柔らかな胡椒の刺激が余韻として続
きます。フルボディの味わいですが、軽やかさ、透明感も加わって奥深い味わいを
漂わせています。
まだまだ秘めたものを感じさせますが、今飲んでも素晴らしい味わいが楽しめます。
バルカンのエイタンは、3年目後半から4年目(9月の収穫時期から数えると3年
目以降)になれば飲み頃と言えそうです。